おかあさんといっしょ~今週の歌(2015年6月15~19日)


『おかあさんといっしょ』、今週(6月15日~19日)の歌は「おさんぽクンクン」です。

スポンサード リンク

“匂い” の記憶

 雨が降り始める前の砂ぼこりのような匂い、夏の草むらに足を踏み入れた時の匂い、花火の火薬の匂い、お道具箱の粘土の匂い……子供の頃に感じた匂いがふと何かの拍子に思い出されて、匂いと一緒にその頃の記憶もよみがえってくる――そんな経験はありませんか?

 子犬のクンクンはいつでもお鼻をクンクン、いろんな匂いから「お便り」を感じ取っています。「犬だから嗅覚が鋭いんでしょ」と言ってしまうと身も蓋もありませんが(笑)。イヌほどではなくても、私達ヒトも子供の頃はけっこう多くの匂いを感じているのではないでしょうか。そうした匂いの記憶は、屈託なく遊びに夢中になれた子供時代の幸せな感覚と一緒に心の奥に積み重なっていって……。

 一日いっぱいお外で遊んだ後、夕暮れ時に漂ってくるのは街にあふれるおいしそうな匂い。空腹をガマンしながらお家に帰ると「おかえりなさい」と迎えてくれる声が。「おさんぽクンクン」に感じられる “幸福感” は、この最後の言葉に凝縮されているような気がします。

温かい世界を作り出す作詞・作曲・アニメーション、そして編曲

 「おさんぽクンクン」は一昨年、2013年の6月の歌として作られました。作詞は2010年1月の歌「ひみつのパレード」も手掛けている工藤順子さん。また、先週の「ながぐっちゃん!!」(→今週の歌(2015年6月8~12日))と同じく作曲は柴草玲さん。歌詞とメロディー、そして稲葉卓也さんによる素朴で柔らかなアニメーションが融け合っって温かく優しい世界を作り上げています。

 それから、注目したいのは素晴らしいアレンジ。この曲は「こいぬのクンクン」から始まり「あっちではなが さきました」といった呼びかけで終わるまとまりが全部で5回繰り返され、それぞれ基本的に同じメロディーで歌われていきます。

 ところが、そんな繰り返しに気づかないほど音楽は変化に富んでいるように私には感じられます。もちろん歌詞の内容やお兄さんお姉さんの歌い方の技術のなせる技でしょうが、もう一つ、その度ごとに音の形、楽器の使い方などを工夫して付けられている伴奏の影響も大きいのではと個人的には思います。

 この曲のアレンジは作曲者でもある柴草玲さんの手になるものですが、そういった編曲の妙にも目を向けながら聞いてみると、この曲の魅力をまた別の面から見つけることができるかもしれませんね。

※「おさんぽクンクン」を収録したCD・DVDなどについてはこちらをご覧ください。
 →「おさんぽクンクン」CD・DVDリスト

※音楽ダウンロードサイト【レコチョク】で「おさんぽクンクン」を単品購入することができます(¥250-)。下の画像をクリックすると【レコチョク】トップページにジャンプしますので、検索窓に「おさんぽクンクン」と入力して検索して下さい。

☆おかあさんといっしょ

【放送スケジュール】
月~土曜 8:00~8:24 Eテレ
※再放送 月~金曜 16:30~16:54、土曜 17:00~17:24

◆関連記事(一部のリンクは広告です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA