冬の娘リッカロッカ~おかあさんといっしょ・今週の歌(2016年 1/18~22)


 『おかあさんといっしょ』、1月18~22日の「今週の歌」は「冬の娘リッカロッカ」です。

雪とともに現れる…

 タイトルにもなっているリッカロッカという名、異国風の響きを持っていながら、雪を意味する “六花”=りっか(「ろっか」とも、雪の結晶が六角形であることから)という言葉を思わせるすてきなネーミングですね。そう言えば北海道に六花亭(ろっかてい)というお菓子メーカーがありますが、こちらもやはり雪の結晶に由来して名付けられたのだとか。

 雪の妖精なのでしょうか、初雪と共にやってきて冬の間中みんなと楽しく過ごすリッカロッカ。けれどやがて春が来てはかなく消えていく――そんなストーリーがケルト音楽風の響きを持つ美しいメロディに乗って紡がれていきます。雪のように淡く、冷たく澄んだ空気のように透明な雰囲気の、冬の季節にふと口ずさみたくなる佳曲です。

2014年1月の歌です

 2014年1月の歌として「冬の娘リッカロッカ」は作られました。作詞は大島亜佐子さん。2015年9月の「おもちゃのブルース」も大島さんの作品です。また作詞だけでなく布アートや映像作品と多方面で活躍、おかあさんといっしょ月の歌では「ポンヌフのたまご」(2013年4月)のアニメーションを担当しています。

※「おもちゃのブルース」についてはこちらの記事をご覧ください。大島さんの映像作品動画もご紹介しています。
おかあさんといっしょ~9月の歌は「おもちゃのブルース」

 作曲の櫻井映子さんは特にCMミュージックの分野で多くの曲があり、また映画音楽なども手掛けています。おかあさんといっしょ・月の歌では今のところ「冬の娘リッカロッカ」だけですが、同じNHKの『みんなのうた』で放送された「ウメボシジンセイ」も櫻井さんが作曲しています。そしてこの「ウメボシジンセイ」、歌詞の方は「尋常小学読本巻五」という明治時代の本に載っていた “うめぼし” という詩を元として大島亜佐子さんが補作詞したものなのです。

※歌詞はこちらで見ることができます
【プチリリ】冬の娘リッカロッカ
(外部のサイトへジャンプします)

※「冬の娘リッカロッカ」を収録したCD・DVD・楽譜についてはこちらをご覧ください。
「冬の娘リッカロッカ」CD・DVDリスト

※音楽ダウンロードサイトでの購入はこちらから(¥250-)
【レコチョク】冬の娘リッカロッカ
【iTunes】冬の娘リッカロッカ

☆おかあさんといっしょ

【放送スケジュール】
月~土曜 8:00~8:24 Eテレ
※再放送 月~金曜 16:30~16:54、土曜 17:00~17:24


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA