【おかあさんといっしょ】アニメ「へんてこライオン」


 2018年度から『おかあさんといっしょ』内で放送が始まったアニメ「へんてこライオン」の世界をご紹介します。

予測不可能!? ユーモラスな “長 新太ワールド”

 2018年度から『おかあさんといっしょ』のアニメコーナーにお目見えした「へんてこライオン」は、絵本作家・漫画家の長 新太さん(ちょう しんた、1927~2005年)による同名絵本シリーズを元にアニメ化したものです。

 「キャベツくん」「ごろごろ にゃーん」「ぼくのくれよん」「みみずのオッサン」などたくさんの作品で知られる長 新太さんですが、長さんが手掛けた絵本の多くは、まったく先の展開が予測できないお話でできています。ユーモラスでナンセンスで時にシュール――その独特な世界に触れると、こどももおとなも思わず引き込まれてしまうことでしょう。

 「へんてこライオン」シリーズもまた、そんな “長 新太ワールド” の内の一つです。しんくんがテクテク、あるいはゆうちゃんがポコポコ歩いていたらライオンに会うところからお話はスタート。毎回ライオンは何かに変身するのですが、それがまた突拍子もない何かなのです。ある時は消防車になったり、またある時はお人形さんになったり、なんとカレーライスに変身することも!

 さて、『おかあさんといっしょ』の中で、ライオンは一体どんなものに姿を変えるのでしょうか?

☆おかあさんといっしょ

【放送スケジュール】
月~土曜 8:00~8:24 Eテレ
※再放送 月~金曜 16:20~16:44、土曜 17:00~17:24

絵本「へんてこライオン」スペシャル版
作者自らが選んだ5話を収録

へんてこライオンがいっぱい (おひさまのほん)
※タイトル・画像をクリックすると
Amazonの該当ページへジャンプします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA