「フックブックロー」の名作、10/16アンコール放送!


 『フックブックロー』の名作をセレクトしてのアンコール放送が、10月16日(日) 午後4時からEテレで放送されます。

スポンサード リンク

「フックブックロー」の世界を1時間たっぷりと

 個性的なパペットたちと人間が1人――音楽バラエティー番組『フックブックロー』の世界はユニークです。Eテレではこの形のこども向け音楽番組が『ハッチポッチステーション』『クインテット』と放送されており、『フックブックロー』はその系譜を受け継いで2011年度から10分番組としてスタートしました。

 古くから続く本屋さん「日々はんせい堂」を舞台に、アルバイトの平積傑作(ひらづみけっさく)=けっさく君、店主・野辺留文句治(のべるもくじ)、文句治の孫で「日々はんせい堂」ネット部を切り盛りする野辺留しおり、しおりファンの双子・五四九ゴージ&ダツジ(ゴシックゴージ&ダツジ)、さらに猫のリリックが繰り広げる愉快な「日々はんせい堂」の毎日。取り上げられる音楽は、番組のために書き下ろされたオリジナルソングはもちろん、懐かしいポップスや童謡、さらにはクラシックの名曲アレンジと幅広いジャンルをカバーし、こども向けとは言いながら大人も楽しむことができるエンターテイメント性を持っています。

 2016年度の番組改編により惜しくも10分版はなくなり、“パペット音楽バラエティー” の伝統を後継の『コレナンデ商会』へバトンタッチしたものの、2014年から10分版と同時に放送されていた5分版『フックブックロー ミニ』は現在も木曜および土曜に放送されています。しかし、やはり5分間だけでは物足りないということで多くのファンがEテレ番組の再放送リクエストを受け付ける「お願い!編集長」に要望を寄せ、1時間にわたる集中アンコール放送が実現しました。

スポンサード リンク

放送第1回も!

 今回の再放送には、記念すべき初回放送・2011年3月28日分も含まれており見逃せない内容となっています。ラインナップは次の通りです。

・2011年3月28日放送
「おもいで書店」「絵本の森の迷子たち」
・2013年3月4日放送
「青空舞踏会」「じてんしゃパイロット」
・2013年12月13日放送
「なんでパンダなんだ!」「動物園へ行こう」
・2014年7月11日放送
「天使のプレゼント」「ひまわりガール」
・2014年9月9日放送
「コーヒールンバ」「かぐや姫なにしてる?」
・2015年3月20日放送
「物語はつづいてる」「めだかの学校」

 いつもは5分間で終わってしまう『フックブックロー』ですが、今回はまとめて1時間! たっぷりと『フックブックロー』の世界をお楽しみください。

☆お願い!編集長「フックブックロー」

【放送スケジュール】
2016年 10月16日(日) 16:00~17:00 Eテレ
【出演】谷本賢一郎
【声】中尾隆聖、折笠富美子、天野ひろゆき(キャイ~ン)、浦嶋りんこ
【人形操演】人形劇・木ぐつの木

☆フックブックロー ミニ

【放送スケジュール】
木曜 17:35~17:40 / 土曜 6:45~6:50 Eテレ

◆特集記事◆
♪Eテレの注目番組はこちらでチェック!→放送カレンダー

2017年度 前半期・Eテレキッズ向け放送番組表

♪各地で開催されるEテレキッズ番組関連イベントの案内はこちら→Eテレ キッズ向け番組関連イベント


◆関連記事(一部のリンクは広告です)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA