社会の課題と向き合うために~新番組「ドスルコスル」、10月から放送


 身近な地域の問題から世界規模の問題まで、様々な社会の課題と向き合うためのヒントを示す新番組『ドスルコスル』が、学校向け放送として2017年度後期からEテレでスタートします。またレギュラー化に先立ち、6月18日(日) 午後4:40から「ドスル編」「コスル編」各1話が先行して放送されます。

スポンサード リンク

社会的課題に取り組む力を育てる

 新番組『ドスルコスル』は学校での「総合的な学習の時間」を支援するために企画されたもので、小学3~6年生および中学生が対象となっています。取り扱われるテーマは、人口減少や商店街が直面する問題など地域的な課題から地球温暖化・エネルギー問題といった環境問題、さらには異なる文化との共生等の国際的なものまで多種多様。こうした様々な問題について、実際に起きている「現実」を提示するとともに課題に向き合う実践例を紹介していきます。

「ドスル編」と「コスル編」で構成

 『ドスルコスル』の特徴は「ドスル編」と「コスル編」という2つの内容に分けて構成されていることです。「ドスル編」ではNHKが持つ映像資料や番組独自取材の映像を使用しながら問題を示します。一方「コスル編」は、そうした課題と向き合うために学校の「総合的な学習の時間」で行われている活動を追うドキュメントが中心。現在のところそれぞれ各5回が予定されています。

 放送日は毎週木曜午前9:35~9:45。各回が翌週に再放送され、同じ回が2週にわたって放送される形をとります。10月12日(木) に開始後、10月~12月に「ドスル編」5回分が、2018年1月~3月に「コスル編」5回分が放送されることになっています。(1~3月には、火曜午後3:30~3:40の時間で第1回からの再放送があります。)

スポンサード リンク

6月18日に先行放送があります

 10月のレギュラー放送開始に先立って、6月18日(日) 午後4:40から「ドスル編」「コスル編」各1話が先行して放送されます。今回取り上げられるのは暮らしに関わる問題。「ドスル編」で商店街の衰退や農業の後継者問題、公共サービスの維持が困難になっている地域などの現状を示し、「コスル編」では横浜市の小学校で行われてきた地域の商店街を応援する取り組みを紹介します。

☆ドスルコスル

【放送スケジュール】
木曜 9:35~9:45 Eテレ
(2017年10月12日放送開始)
※2018年1月9日(火) から毎週火曜15:30~15:40にも放送。

☆ドスルコスル「どうする?町が消えてゆく」

【放送スケジュール】
2017年 6月18日(日) 16:40~16:50 Eテレ
【声】三上枝織、高塚正也
【語り】伊東敏恵

☆ドスルコスル「こうする!商店街を救え」

【放送スケジュール】
2017年 6月18日(日) 16:50~17:00 Eテレ
【声】三上枝織、高塚正也
【語り】伊東敏恵

◆特集記事◆
♪Eテレの注目番組はこちらでチェック!→放送カレンダー

2017年度 前半期・Eテレキッズ向け放送番組表

♪各地で開催されるEテレキッズ番組関連イベントの案内はこちら→Eテレ キッズ向け番組関連イベント


◆関連記事(一部のリンクは広告です)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA